引っ越しをして住所変更をするのは役所に届けないといけません。

引っ越しで住所変更をするときには、役所に届ける書類がたくさんあります。

 

住所変更の手続きには、転出届けや国民健康保険や子ども手当や国民年金や印鑑登録や子ども医療費助成や後期高齢者医療制度などをする必要があります。

 

できれば、何度も通うことは避けたいから一度に全てを終わらせられるようにするのがいいと思います。

 

それぞれの住所変更届け出に必要なのは、少しずつ違ってきます。

 

後、転出先の住所がわからないことには届け出をする事はできないので気をつけないといけません。

 

転出届けをしたときに、受け取った書類も一緒に役所に持っていきましょう。

 

転入届けは、引っ越しをした日から14日以内と決められています。

 

期限が決められていますので、忘れずに気をつけてください。

 

公立の小学校や中学校に行っている子どもがいる人は今までに通っていた転出校で在学証明書や教科書給付明細書の発行を受けて新居住地の役所に提出をします。

 

転入校は、役所が指定をするため必ず前もって役所に問い合わせをするのがいいです。

 

犬を飼っている人は、元の住所の役所で廃犬届けを提出して新しい住所の役所で旧鑑札を渡して再登録の手続きをします。

 

印鑑登録は、転出証明書の交付が終わったら印鑑登録の廃止届けをします。

 

その後に、新住所の役所で印鑑登録をします。

 

国民健康保険は、元の住所の役所で転出証明書を受けとります。

 

受けとった後に、返納手続きをします。

 

その後に、新住所で新たに交付の手続きをします。

 

引越し価格ガイド
見積もり依頼と同時に料金相場が分かる一括見積もりサービスは引越し価格ガイドだけ!

 

引っ越しをして住所変更をするのは役所に届けないといけません。

HOME’S引越し見積もり
単身引越しに強い赤帽が登録している唯一の引越しの括見積もりサービス。単身引越しならHOME’S!

 

引っ越しをして住所変更をするのは役所に届けないといけません。

ズバット引越
全国220社と提携。業界随一の引越し業者数を誇る一括見積もりサービス。最大10社にまとめて見積もり

 

引っ越しをして住所変更をするのは役所に届けないといけません。